シンガポールで行われた協議 レーダーの電波情報交換できず 日韓はこう着状態

シンガポールで行われた協議 レーダーの電波情報交換できず 日韓はこう着状態

韓国軍によるレーダー照射問題で、2回目の協議が行われました。

 日本の防衛省と韓国国防省の担当者による協議は14日、第三国のシンガポールで行われました。去年の暮れにテレビ会議で協議して以来、2回目となります。このなかで、日本側はレーダーの電波情報を非公式に交換して事実を明らかにしようと提案しましたが、韓国側はこれまで通り交換に応じなかったとみられています。防衛省はこのまま膠着(こうちゃく)状態が続くとみて、電波情報の公開も視野に対応を検討しています。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6310133

ネットの反応

いつまでこの問題を言い合うんだろう。
相手にすれば腹も立つ、何も言わないと韓国が世界へのほら吹きにより日本のイメージ低下、一方日本は理性的に対応するだけで効果のほどはイマイチ。
断絶とまではいかずとも、徐々に付き合いを無くしていくのが一番でしょう。
友達付き合いだってそうでしょう。

交換に応じればレーダー射出が事実であることがわかり、今まで嘘ついていた事が世間にバレてしまうからですよね。この先を応じることは期待できないですね。外面ばかり気にする人たちですから。協議は続けて頂いて徹底的に世界に韓国の悪態を晒すべきですね!

ここまで来たらレーダー照射のデーターを韓国だけでなく世界に公表すべきだ。それでもかつ認めようとしないならEEZ内に入ってきたら撃沈するしかない。

協議に意味がないと何故わからないかなあ。
理解が得られると思っているお花畑は辞めて欲しい。
親韓議員は投票しないから名乗りをあげて下さい。。
こんな話につきあうのは御免だ。

韓国は照射していないって言ってるんだから、自衛隊が受信したレーダーの周波数記録を公表しちゃえばいいのに。
一般の人はその周波数を見てもよく分からないかも知れないけど世界の軍事関係者が見ればそれなりの証拠にはなるんでしょう。
韓国は周波数は軍事機密だと言っているけど照射してないんだから問題ないよね

協議不要。今後にあっては、韓国企業が損害を被り、国民生活に支障を来す無慈悲な制裁の早期発動が待たれるところである。

韓国は電波情報交換してしまうと、嘘をついていることがバレてしまうからね。

たかだか韓国相手にこれまで築き上げてきた機密情報を公開すべきではないと思う。
その上で、大使の召還や、国連への検証の依頼、今後同様のことが発生した場合は撃沈もやむなしという警告を明確にするなど、公開以外での出来うる限りの対策を講じるべきだと思う。

結局、何も変わらず、このまま流れますね。
でも、電波情報を公開しなくて正解だと思います。
周波数を公表しても、奴らは認めないでしょう。

解決する気のない相手は、切り捨てよう、、それが日本側の立場で何の問題も無い。

韓国側が、レーダーの電波情報を公開出来ないのは、韓国が悪いからだ。
嘘つきだから都合が悪いんですよね。

レーダーを照射してまで、隠そうとしていたことは何か。それがこの問題の核心である。それを見失ってはならない。

想定通りですね。
時間を引き延ばしたい相手のやり方に合わせてはいけません
日本を怒らせると痛い思いをするということを分からせるべきです

日本は迫力不足。防衛省には怒りが感じられない。今度同じ間違いを犯したら攻撃するぞという姿勢を示すべきだ。

同時に瀬取り問題も表面化させて、二段構えで突っついていきましょう

レーダー情報を公開すればいい。相手が違うというなら公開されたとて問題無い筈ですから

いったん当初説明した撫養をを翻してまで嘘をつき始めて引けなくなっている以上、韓国側の全ツッパは当然想定される事態。
日本側も想定していただろうから二の矢三の矢は準備していると思う。
次は「とりあえず」駐韓大使の無期限帰国あたりかな?

韓国はデータを出せない理由があるんだな。

国際カテゴリの最新記事